先日、半年ぶりにスタジオに入った。ベースを持ち込んだのは多分2年ぶり。

半年前くらいに買った StingRay をようやくまともなアンプに繋げてあげることができて感慨深かった。

ドラマーと二人で入ったけど、お互い黙々と個人練をしてた。

ちなみに行ったのは スタジオノア 恵比寿スタジオ というところ。新築に見える綺麗なスタジオ。普通スタジオは地下にあることが多いけど、ここは4階建で階段を上ってると朝日が気持ち良く、朝練にちょうどいい気がした。オススメ

スタジオを出た帰りに「ライブである必要があるのか?」という話になり、とても興味深かったので残しておく。

内容としては、ライブって形式で演る側と見る側で線を引いて、「ライブやるぞ!」「ライブ見に行くぞ!」ってなるのは疲れる。日常の中にフッと音楽が入ってくるような形でやれるといいな。みたいな話。

個人的にもすごい同意できる内容で、自分は割とライブすることにこだわりはなくて、スタジオで練習したり、学生の頃とかだと部室に集まってダベりながら勝手にギター弾いたりしてる、みたいなので割と満足した。今だとライブよりむしろそっちの方が好きかもしれない。

以前バンドを組んでスタジオで練習したりしたが、メンバーから「目的が欲しい」「ライブをしよう」みたいなことを言われて、結構もやっとした。自分としては「音楽をすること」ひいてはスタジオで曲を合わせること自体が既に目的になって、達成できているのでショックだった。

外人とかがコテージとかで酒飲みながら楽器演奏したりしてる映像とかを Youtube とかで見るといいなーという思いに駆られるが日本、特に東京みたいなコンクリートジャングルだと難しそう

音楽を「やるぞ!」ってならなくてもスッとできるような世界(国)になるといいが、日本でそれを実現するにはどうしたらいいのか全然思いつかない。

日々意識してればいい考えが出るかー??? わからん